REPORT

ARTIST

2019

奥田 誠一 『earth revolution』  / インスタレーション ( 学園南1-9ガーデン)

 

帝塚山学園18号館

淀川テクニック 『花輪』
ARTIST WEBサイト
https://yukari-art.jp/jp/artists/yodogawa-technique/

 

浅沼記念館

あわ屋 『あわいの間』 / インスタレーション
ARTIST WEBサイト
http://awayajp.com

 

二階 武宏 『有機的な浮遊』他 / 木口木版画
ARTIST WEBサイト
https://www.instagram.com/takehironikai/

 

加藤 千佳 『icy flow#8』他 / ガラス
ARTIST WEBサイト
https://www.instagram.com/chika.a.a/

 

釣光穂 『TRESSES yel』他 / 陶土、顔料/手びねり、酸化熟成
ARTIST WEBサイト
https://mitsuhotsuri.tumblr.com/

 

山本 雄教 『10005円札』 / 麻紙、鉛筆、一円硬貨のフロッタージュ
ARTIST WEBサイト
https://yukyo-yamamoto.jimdo.com

 

近藤 大祐 『Drip color nostalgic-June 2.2018』 / アクリル絵具、メディウム/パネル
ARTIST WEBサイト
https: //taisuke-kondouh.jimdo.com

 

札本 彩子 右から『食事のためのホルシュタイン』『ナポリな額』『zaraki 』 / 樹脂粘土、アクリルメディウム、アクリルガッシュ他
ARTIST WEBサイト
https://ayakofudamoto.com

 

大和文華館 文華ホール

成田 直子 『みやこうつし-EYEcon』 / インスタレーション/写真
ARTIST WEBサイト
FB:naoko.narita705

 

Gallery GM-1

小柳 優衣 / 腐蝕銅版画
ARTIST WEBサイト
https://yui-koyanagi.info

 

旧福本家住宅

Chiaki Akada 『vanishing away』 / インスタレーション
ARTIST WEBサイト
https://chiakiakd.jimdo.com

 

2019水島太郎水島 太郎 『エウロパの牛』 / 麻、漆/脱活乾漆
ARTIST WEBサイト
https://taromizushima.com/

 

石賀 直之 『記憶』他 / インスタレーション/切り絵
ARTIST WEBサイト
http://naoyuki-ishiga.com/

 

奥田誠一
奥田 誠一 『surfact 』 / 和紙/インスタレーション
ARTIST WEBサイト
https://www.instagram.com/okuda_seiichi/

 

玲翠
玲翠 『風光』 / 和紙、墨、水性ペン、ポスターカラー
ARTIST WEBサイト
http://reisuifrancesca.jimdofree.com/

 

谷本有沙
谷本 有沙 左『 即廃話譚』右 『故興ノ世-黎明』 / 岩絵の具、顔料、水干絵具、銀箔、洋金箔
ARTIST WEBサイト
https://www.instagram.com/arisa_tanimoto/

 

出村実英子
出村 実英子 『静けさのなかへ』 / インスタレーション/絹糸、ラメ糸
ARTIST WEBサイト
https://www.facebook.com/mieko.demura.7

 

丹羽家住宅

葛本 康彰 『永遠の幕間/break and concentration 』  / インスタレーション
ARTIST WEBサイト
http://kudzumoto.com/

 

小野サボコ
小野 サボコ 『ひかりの縁』 / インスタレーション アルミ板、アルミシート、ボーキサイト原石他
ARTIST WEBサイト
http://onosaboco.com/

 

西部公民館

小形栞
小形 栞 『疎水と文様』 / 日本画
ARTIST WEBサイト
https://ogashi511.wixsite.com/mysite

 

学園前ホールラウンジ

石賀直之
石賀 直之 『芽吹き』 / インスタレーション/切り絵ほか

 

斧田唯志アートデレクター 斧田唯志

2019年テーマ《ブレイク》に込めた思い

ブレイクには4つの意味をこめました。
1つ目は、公募で参加される才能のある若手アーティストにとって、審査を勝ち抜き、華々しく展示されるということが、経歴の中においても「ブレイク」になればと思います。
2つ目は、文化に造詣も深く、毎年熱心に参加していただいている学園前の学園前の住民でさえ「現代アートは難しくてわからない」と言われていました。そんな壁を「ブレイク」したいと思っています。
3つ目は、今年で平成時代も終わりました。そんな時代の区切りの「ブレイク」という意味も持ちます。
そして4つ目は、2019年の(2019)語呂で「ブレイク」です。

今回の展示を間近で感じ、あなたの「ブレイク」を体験ください。

< BACK